スイッチャーに新しいインターフェース搭載

スタジオシチズンは「たった一人で本格的なTV番組を生放送できる」施設を目指していますが、今まで色々トラブルに見舞われ、その都度試行錯誤を繰り返しながら成長してきました。
一番苦労したのがマルチ画面配信で、プレゼンスライドとビデオスイッチャーを一人で同時に操作するのは至難の技でした。
ですから、ほとんどの場合は私(マスター)がスイッチャーをコントロールブースから操作し、講師がステージ上からリモートでmacに入れたKyeNote書類を操作するという、実質「ツーマンオペレーション」になっていました。
しかしこの度、PowerPointをスイッチャに組み込むことができるようになり、プリセットしたショートキーカットを併用することで、スライドの操作とスイッチャーの操作がひとつのインターフェースでできるようになりました。

これが「ウエブコントローラー」というインターフェースで、i-padを使って無線でスイッチャーとスライドの両方を操作できます。

もともとスイッチャー(vMix)のインターフェースは非常に複雑で、画面が見えてキーボードやマウスが繋がっていたとしても、習得するのは大変でしたが、これなら30分ほどのレクチャーで簡単に使いこなすことができます。

もちろん、機材操作を担当するスタッフさんが居れば、その方が楽ですが、予算等の事情でそれを雇えなくても、講師の方が一人でプレゼンと配信を同時にやれてしまいます。

また、プロデューサーさんがコントロールブースに入ってスイッチャー操作をしても構いませんし、司会とスタッフを兼ねることだってできます。

より簡単になったスタジオシチズン機材の操作をマスターして、ぜひあなたも「ひとり生番組」をプロデュースしてみませんか?

今月3日より、毎週金曜日午後6時から、再開した「Citizen Live」の中のコーナーで「スタジオシチズン使いこなし方講座」をやっています。こちらの方もぜひご視聴ください。

また放送日は番組配信をマスターのトークイベントとして公開しています。入場料は¥500ですので、興味ある方はぜひご参加ください。機材操作の習熟も実際に現場で見た方が絶対に早いと思いますし、ご質問があればその場でなんでもお答えしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です